中古車売買

免許を取ったらすぐ乗ろう

私が運転免許を取得をしたのが10年程前の事です。
当時大学生だったので授業が終わってから自動車学校へ通い免許を取るために講習を受けていました。
仮免を受ける前のチェックにてこずったものの、仮免、本免とも一発で合格し無事免許証を手に入れたのでした。
ところが、その後すぐに運転をする機会がなく月日はどんどん流れていきます。
実家へ帰り免許を取ったから運転するぞと気合いをいれて初運転をしましたが、一緒に乗った両親が『本当大丈夫か?』『ちゃんとわかってる?』と口々に言い、運転自体は普通にできましたが精神的に疲れてしまったのを覚えています。
それ以来、実家に帰っても車に乗る事もなく、かといって一人暮らしだったので自動車に乗る機会もなくこれまた月日は流れてしまいました。
そして現在。
母親になり幼稚園の行事へ行く時や習い事のお迎えの為に車が必要な機会は増えてきているにも関わらず自動車に乗った経験が先程書いた時のみなので勇気がでません。
周りの友達が大きな車を余裕で乗っているのを見て乗りたいと思うのですが主人も『やめておいたら』と言うので実現できずにいます。
いつかはカッコ良く車を乗り回してみたいです。

歩いて理解する交通事情

わたしは最近、健康のために歩くようにしていますが、客観的に行き交う車を眺めていて、気づいたことがいくつかあります。
車でせかせか移動して時間を有効につかうのもよいのですが、じっくり一歩一歩進むことで、今まで気づかなかったことに目からウロコのような思いをすることもあります。
まず、自分が横断歩道で待っているとき、通過する車が多いことに驚きます。
歩行者に気づかず停車しなかったら、自動車教習所では、落第に等しい減点でした。
試験中なら失格です。
さらに、信号のある横断歩道を歩いているときも、たまに目の前を、右折または左折する車が通り過ぎます。
歩行者が渡り終わるまで待つのが、マナー、ではなくてルールです。
また、渋滞中は信号の上に停車しない、なども教習所で教わる項目です。
なぜこうも自分本位の運転のしかたがまかりとおるようになってしまったのか。
自動車教習所で教わったことをまじめに実行している人は少なくなってしまったのか。
それとも教える項目でなくなったのでしょうか。
歩行者や他の車に対する配慮が少なくなった背景は、運転する車にもよります。
公道を走行する車を見ていると、背の低いセダンが少なくなり、軽自動車でも背が高い、車内空間が広い車が主流になっています。
一度に多くの人や荷物を運ぶことができるのはとても効率的ですが、運転する車が大きくなったことで、自分が大きくなる、すなわち過大評価されたような誤解を生んでいる気がします。
車が大きくなったからといって、他の車やバイク、自転車、そして歩行者を雑に扱ってよい権利はどこにもありません。
そして、よく歩くようになって、自分が運転する立場になったときは、歩行者がよく見えるようになりました。

横断歩道で、待っている人がいるときは、基本的に停車して、歩行者を優先します。
その際は、後ろの車との車間距離に気をつけて、余裕を持って停車します。
驚いたことに、自分の車の横を通り過ぎて前に出ようとする車がいます。
道路に横断歩道があることを忘れて、全く意識していない結果です。
また、逆に良いこともあります。
巨大なトラックというと、大きな音を立てて、荒々しい、怖いイメージがありますが、自分が歩いていて帽子を落としたとき、運転手さんが大声で教えてくれたことがあります。
歩いているといろいろな発見があります。
たまには、車で行っていた用事を徒歩に切り換えてみたり、季節を感じながら、楽しみながら歩いてみることをお勧めします。
客観的に車を眺めてみることで、自分がおざなりにしてきたマナーを思い出すかもしれません。

更新履歴